コルクの劣化は命取り│開封・未開封の判断を行います

*

コルク(キャップ)

自宅でなかなか飲む機会がなかったり、好みのお酒ばかり飲むために開封されなかったりするお酒やワイン、焼酎、ブランデーなどがありませんか。

そんな時は、お酒買取を利用してみるのも一つの方法です。
お酒の苦手な方にとっては、処分したいものとどんな銘酒であろうとも同じように感じるでしょうが、お酒の好きな方には、プレミア感があるほど貴重なものとなるわけです。

酒買取を実際に利用してみる時に、注意をしておくことがあります。
それは、コルクの劣化です。
コルクの状態に寄って、開封や未開封の判断を確実に行いますので、もちろん、開封したものは酒買取は出来ません。
開封をしていると、それだけアルコール分が飛んでいるので、味わいが落ちてしまうから本来の味わいとは全く変わって来ます。
衛生面でも、やはり開封してから日数が経つと変化が徐々に生じて来てしまうと言うこともあります。

また、ウイスキーのコルク劣化は価格に悪影響します。
いくら未開封であっても、劣化しているとわずかな隙間もあるために、ウイスキーの内部では変化が起こってしまうので、かなりお酒買取には不利になり、価格も下げられてしまいます。

また、ワインは保管状況でコルクも劣化して来るので、酒買取を活用するために一時的に保管するのでも、冷暗所を選ぶようにしておくと劣化が防げます。

ウイスキーやワインは、コルクの状態次第で中の状態も微妙に左右されてしまうものですので、すぐに飲まないと判断したなら、出来るだけ保管を冷暗所で保てるように心がけておきましょう。

いくら良い銘柄のウイスキーやワインであっても、保管が悪ければ、酒買取の価格に悪影響してしまうので、出来るだけ保管に注意しましょう。

日本酒や焼酎はねじ込むタイプの栓ですので劣化しづらいのですが、ウイスキーやワインはコルクになっているものが多いので、劣化のリスクを考えれば、出来るだけ酒買取を早めに利用した方が得策と言えるでしょう。

液量(液面)
コルク(キャップ)
ラベルの裏面写真
ボトルの裏面写真
付属品の有無
ラベル正面の写真

コルク(キャップ)関連ページ

ラベル正面の写真
酒買取にお酒買取りをしてもらうときにはラベルがはがれていないかどうかを確かめてください。 これは出張買取りの場 […]
付属品の有無
お酒買取りを利用するときにはコツがあります。 ワインやブランデー、焼酎などは購入したりもらったときに必ずと言っ […]
ボトルの裏面写真
酒買取りの方法の一つに写真を撮影してデータをお酒買取り店に送って査定をしてもらう方法があります。 当然この時に […]
ラベルの裏面写真
飲む機会がないまま戸棚などにしまいこんでいるお酒も、酒買取サービスを利用すればちょっとした副収入につながります […]
液量(液面)
ウイスキーでもワインでも古いものになりますと蒸発をして液量が減ってしまいます。 きちんと栓をしていた場合でも蒸 […]
酒買取の知恵袋
液量(液面) コルク(キャップ) ラベルの裏面写真 ボトルの裏面写真 付属品の有無 ラベル正面の写真