ヘネシーリシャール 買取査定から減額基準例

*

ヘネシーリシャール 買取査定から減額基準例

このページではヘネシーの中でもそのボトルフォルムの華麗さから人気のヘネシー・リシャールが実際の買取でどのポイントで減額対象になったかを説明します。

通常、ヘネシー・リシャールが完全な状態であれば現行ボトルでの買取金額は170,000円程度になります(新品の実勢価格は27万~です

kauzo-nakano-2011-08-17T20-44-13-1

黒の箱枠に収まり実にも気品がありす。これを頂いたら家宝にしてしまって飲む方も少ないと思います。しかし、ルイ13世等もそうですがこれらの飾りにもなってしまう高級品は箱が揃っての価値になるのです。ボトルだけでは、やはり完全な状態と比べても査定はかなり落ちます。

箱無しですと 減額50,000円は覚悟して下さい。今からでも遅くなりません、箱は全体に傷など付かないように保管して下さい。
買取業者も箱無しだと再販で価格が付くか分からないために強気の値段を出せないのも現実です。買取たいけど、再販出来るか?のような不安な感情で高額査定は結構難しいという典型です。

次に箱はあるけど、傷がある・・・・
リシャール_外箱_大きなキズ

↑残念ながらこの場合も致命傷に近く、30,000円の減額です。

リシャール・ヘネシー

箱の左上にギャランティーカードがちらっと見えますが、これも重要です。 これが無いと、減額10,000円です。

お酒の箱は車の傷と違って塗装して新品に見せるというリカバーが出来ないので深刻な減額査定ポイントになりますから、買取に出す迄は慎重に保管してください。そういう意味では、飾りで持って置くというのは汚れも付きますから査定額が下がる前に売ってしまった方がいいかもしれませんね。

ヘネシー・リシャール 現行ボトル 完全(完璧)な状態で170,000~180,000円
箱無し▲50,000円
箱傷 ▲30,000円
ギャランティカード無し▲10,000円
★ボトルに傷があった時は状態によりますので本査定で確認になります。鑑定士はルーペを使って傷のチェックをしますので、これくらいならいいかなと言うのは通用しません。リシャールの傷写真資料はないので、ルイ13世の傷事例を下記へ載せておきます。

 

ルイ13世_サイドキズあり

クリックで拡大して下さい↑

ルイ13世の場合は、この傷で15,000円減額です。 でも箱の傷に比べると減額の率が思いの他小さいですね。

やはり、日本人は中身重視の西洋人と違って、箱を重要視する文化を持つ国民性でしょうか?

皆さま、くれぐれも箱は大切に保管してください。

今回の傷事例の画像とインタビューのご協力は酒買取レッドバッカスの査定部でした。(http://red-bacchus.com)

お客さまに減額の連絡をする時が一番辛いそうです。出来れば満額買取で一発承諾で双方で喜びたいそうです。どうしても納得をしていただけない場合はお客さまが気付いていなかった傷の画像を送ったりして納得してもらっているそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘネシー社の最高級品でデキャンターはクリスタルガラスの最高峰バカラ社製品。レミーのルイ13世と双璧の最高級ブランデーです。
ヘネシーの価値観、芸術性の高い究極の味わいの逸品です。

 

ヘネシーリシャール 買取査定から減額基準例関連ページ

買取のご要望が多いヘネシーXO 
ブランデー部門で買取要望の多い上位にくるのがヘネシーXOだそうです。 海外旅行のお土産で多くの方が買われている […]
ワインはヴィンテージ
ワインコレクションを整理したい時にはお酒買取が便利です。 不要になってしまったワインを酒買取業者に持って行けば […]
ラベル汚れ
お酒買取をしてくれるお店があるのをご存知ですか。 自宅で眠ったままになっているお酒をお酒買取してくれるので、と […]
お酒買い取りの見積り
レストランや居酒屋などで食事をするときに、アルコール飲料を飲むという人は少なくありません。アルコール飲料を飲む […]
手数料不要
お部屋の整理をしている時などにお酒が出てきた時にはお酒買取を活用してみるのも一つの選択肢です。 そういったお酒 […]
酒買取の秘訣
一般的にはあまり縁のない事かもしれませんが、お中元やお歳暮、貰い物でお酒を頂く機会が多い方の内、どうしても飲む […]