宅配買取は買取依頼書が必須

*

買取依頼書

せっかくいただいた高級なお酒でも、家にお酒を飲む人がいないなどの理由で、眠らせてしまっている方も多いのではないでしょうか。そのお酒を買い取ってくれるお店があります。
「リカーオフ」というお店では、ワイン・ウイスキー・シャンパン・ビール・日本酒・焼酎など多種のお酒買取をしてくれます。東京の高円寺にあるお店で、持込でも買い取ってもらえます。首都圏なら電話で予約を入れると、出張での酒買取もしてくれ、査定額に納得できればその場で現金で支払ってくれます。また、地方の人は宅配買取で対応をしてもらえます。送料はお店側が支払ってくれるので無料です。
宅配買取の場合、まずお店へ連絡を入れ、その後、宅配買取依頼書を「リカーオフ」のホームページからPDFでダウンロードして印刷します。申し込み者の名前や住所、お金の振込先、買取り品のリストなどを様式にしたがって書き込みます。それから、売りたい方の有効期限内の身分証明書も必要なので、コピーを用意します。
売りたいお酒を、壊れないように箱詰めしたら、依頼書と身分証明書のコピーも一緒に入れ、お店宛に宅配便で発送します。送られたお酒類は、店の専属ソムリエが査定してくれ、その後に依頼書に書いた振込先にお金が入金されるという流れです。
地方であっても、自宅にいながら無料でお酒のリユースが出来るので大変便利です。
お酒を売る場合は、沢山ある場合はなるべくまとめて売ることをおすすめします。これは、手間の問題もありますが、日本の酒税法では酒類販売を行う場合、本来「酒類販売免許」が必要になります。しかし、業者でなく、家庭で不要となったものを処分する「継続的な販売ではない」場合やオークションに出品する時には免許がなくても良いという規定があります。それで、同じ人が何度も買取りを申し込むと、継続的な買取となってしまう場合があって、断られる場合があるからです。それから、申し込む人が20歳以下の場合も買取りはしてもらえませんので、確認の意味でも身分証明書が必要になります。

買取依頼書関連ページ

注意点
自宅で保管しているワインやウイスキー、ブランデーから日本酒、焼酎までお酒買取をしてもらうことが出来ますが、それ […]
酒の買取価格
世の中には売却できる品物が色々ありますが、近年盛んに行われているのがお酒買取です。 お酒買取はあまりメジャーで […]
店頭買取編
ヴィンテージのワインやウィスキーなどを所有している方は珍しくありませんが、そういったヴィンテージ物が不要になっ […]
出張買取編
来客の多いお宅や頂き物の多いお宅では、手付かずのまま眠っているお酒がたくさんあるのではないでしょうか。 実はこ […]
宅配買取編
皆さんはお酒買取というシステムがある事をご存知でしょうか。 一般庶民が普通に生活している場合、お酒を買う事はあ […]
酒の買取の流れ
飲まないお酒がある場合にはお酒買取を利用して処分するという手があります。 近年は酒買取業者も増えていますので、 […]